福猫本舗・福猫日和



2022年現在、19歳の長男猫・うめちゃん、17歳の次男猫・ももちゃん、11歳の末っ子猫・くりちゃん。
早いもので、みんなシニア猫と言われる年齢になりました。
長生きしてほしい、という想いよりも、快適に機嫌よく過ごしてほしいと願う日々。
愛すべき猫たちのへの想いなどを綴らせていただきます。




■VOL.26

あなたはちっとも、悪くない。

猫さんとの暮らしでは、ここに、これを置いたらどうなるか?を予測することが大切ですよね。


■VOL.25

「つらい」や「面倒」よりも「わくわく」を意識する。

つらいことだと思って取り組むと、それはますます、つらいことになるし、面倒だなぁと思って取り組めば、それは実際以上に面倒なことになります。でも・・・。


■VOL.24

「あったらいいな」を考えてみたところ・・・。

ふと考えてみました。
「あったらいいのにな」と思うもの。


■VOL.23

私達にしあわせをくれる存在へのお返し。

猫さん、犬さんは、そばにいてくれるだけでいい!そんな風に思わせてくれる存在。そんな存在にできる、ありがとうのお返しの方法は?


■VOL.22

イヤイヤから諦め、そして、受け入れへ。

「本気スイッチ」は猫さんにも伝わることがわかりました。


■VOL.21

ときどきオマケがつく、猫と私の決まり事。

毎日の暮らしの中、何となく行っている、猫さんとの決まり事、ありませんか?


■VOL.20

猫さんのゴロゴロの意味にキュンとします

人の耳にも、とても気持ちのいい、猫さんのゴロゴロ。ゴロゴロにも、たくさんの意味があるみたいです。


■VOL.19

私が相棒猫の歯磨きをはじめた理由

猫さんにも歯磨きはとても大切。
歯磨きは、家族だからこそできる、病気予防の最大の手立てです。


■VOL.18

猫さんとの出会いも、暮らしも大きな奇跡

「あなたに出会えてよかった」そんな気持ち、猫さんに伝えたいですね。


■VOL.17

私にとっての、猫の手作りごはんと歯磨き。

愛猫のために手作りごはんを作れることも、歯磨きができることも、とてもしあわせなことだと感じています。


■VOL.16

生まれ変わったら、何になりたい?

その昔、生まれ変わるなら、お金持ちの家の猫に生まれたいと思っていたことがあります。 でも、今は・・・。


■VOL.15

人用のドライフードがあったら、購入する?しない?

猫さんの生活についてのあれこれを考える時、人の場合はどうだろう?と考えること、多いです。


■VOL.14

「やっておいてよかった」と言えたら最高!

何等かの体調不良が起きてしまったとか、病気になってしまってから慌てるのではなく、何事もない元気なうちからの日々のケアが、とても重要だと考えています。


■VOL.13

どうやら、反省しているらしい末っ子猫・くりちゃん。

お部屋に戻ると、ごはん台の上に置いたはずのお水飲み用のお茶碗が床に転がり、中の水がこぼれて、大きな地図を描いていました。


■VOL.12

世界でいちばん、あなたが好きよ。

「世界でいちばん、あなたが好きよ」。 相棒猫たちの耳元で、毎日、こんなことをささやいています。


■VOL.11

犬さんは、足元で待っていてくれるみたいですが・・・。

犬さんに手作りごはんをあげていらっしゃる方の多くが「作っている間から私の足元で待っていてくれるので嬉しくて、とても作りがいがあります!」 とおっしゃいます。


■VOL.10

タトタト、ペンギンさん歩きになっちゃう・・・。

時折、ひたすら、私のストーカーであることに熱中するくりちゃん。 そんな時は、くりちゃんを踏まないよう、大変なことになります。


■VOL.9

猫さんに心配かけていませんか?

猫さんは、精神的に自立した生きもの。 そして、人の気持ちの変化に、とても敏感な生きものでもあります。だからこそ、私たちの日々のしあわせ、大事です。


■VOL.8

真似っこ猫の心理。

真似っこ。
真似をするの意。
※仙台の方言でしたら、ごめんなさい。
本日は、猫さんの真似っこについてです。


■VOL.7

我が家の猫たちの体内時計の正確さ。

お昼寝を終えて、お腹が空いた時の我が家の猫たち。


■VOL.6

猫の手作りごはんで大事にしていること。

相棒猫に手作りごはんを作りはじめて15年超。手作りごはん作りで心がけているのは・・・。


■VOL.5

言葉を替えると気持ちも替わるはず。

「猫を飼う」ではなく「猫と暮らす」。「猫のエサ」ではなく「猫のごはん」。言葉が替われば、気持ちも替わる?


■VOL.4

猫さんの表情についての受け止め方。

猫さんは、犬さんよりも表情筋が少ないため、表情に乏しいと思われがちですが・・・。


■VOL.3

相棒猫からのごはんの催促。

猫さんに食欲があるのは元気な証。相棒猫からの「ごはん早く!」の催促は、とてもしあわせなことだと感じています。


■VOL.2

猫さんの個性、いろいろ。

長男猫・うめちゃん、次男猫・ももちゃん、末っ子猫・くりちゃん。そして、今は天国にいるぱちゃさん。個性はみんな違います。


■VOL.1

「おかあさん」ではなく「相棒」。

猫さんと暮らす多くの方が、猫さんたちの「おとうさん」「おかあさん」として、 日々を暮らしていらっしゃるのだろうなと想像します。私はと言えば・・・。