猫さんの手作りごはん
すべての猫さんに合わないわけではないけれど・・・。

我が家の猫たちに手作りごはんを作り続けて15年がすぎました。

まだ、手作りごはんをはじめて間もない頃、次男猫・ももちゃんが、私の作ったごはんを食べて吐く、ということが、ちょくちょくありました。

まだ、手作りごはん初心者。

そのたびに、
何故だろう?
何がいけない?と考えました。
ある日、また、ももちゃんが私の作ったごはんを食べて、吐き戻し。

あ!
その時、思い当たったのは、海老でした。
どうやら、ももちゃんは、海老をいれたごはんの時に吐く、ということに気が付いたのです。

「なるほど、そうか。あなたは海老がダメなのね」ということで、それ以来、海老を使わずにごはん作りをしています。

「この子には合わない食材」が特定できるのは、手作りごはんの良さだなと実感した瞬間でした。

どんな食材を使って作ったかがわかる手作りごはんなら、「これがダメ」を特定することができますし、「ダメ」な食材を特定できたら、その後は、使わなければいいだけのこと。

とってもシンプルでわかりやすい。


ペットフードでは、こうはいきません。

ペットフードが合わず、たとえば、吐き戻してしまったり、下痢をしてしまったり、ということがあっても、そのペットフードに含まれている「何」がこの子には合わないのかを特定するのは、相当に難しいことでしょう。

あなたと暮らす猫さん、ペットフードを食べて吐いてしまったり、お腹がゆるい状態が続いたりしていませんか?

手作りごはんで解決!

なんてことがあるかもしれません。

愛猫さんのごはんに、「手作りごはん」という選択肢、加えてみませんか?





■福猫本舗
猫さんの食と快適暮らしのアドバイザー
ペット食育協会・ペット食育上級指導士 鈴木美由起




猫さんの手作りごはん
手作りごはんは、難しくありません。
食べる楽しみがある猫さん、犬さんは元気です。


食材を、自分で選んで作れる安心ごはん。
手作りごはんは、危険でもないし、難しくもありません。
栄養バランスは大丈夫?
カロリー計算は難しくない?
そんな疑問を解決していただきながら、手作りごはんのメリットを知っていただけます。
受講していただいた後は、すぐに、手作りごはんを作ってあげたくなる、楽しい講座です。