猫さんの手作りごはん
ドライフードが乾燥しているということは、猫や犬に水をあげてはいけない、ということ?
「ドライフードって、どうしてこんなに乾燥しているんだろう」と、ずっと疑問に感じていた方がいらっしゃいます。

そして、その方が導きだしたのは「総合栄養食と言われているドライフードが、こんなに乾燥したものだということは、猫(犬)には、水分をあげちゃいけない」という、ご自身なりの結論。

「総合栄養食」という表記のそばに書かれているであろう「このフードと十分な水を与えれば・・・」という大事な部分の文言は目に入らなかった、との事。

あぶない、あぶない。
もし、猫さんや犬さんに、水をあげてはいけないという解釈をそのまま実行していたら、大変なことになっていたでしょう。
猫さんの手作りごはん
ドライフードは、長期間の保管にも耐えられる品質であることを前提としているため、含まれる水分は10%程度、という規定の中で作られています。

これは、言ってみれば、ペットフードを販売する側、購入する私たち、消費者の事情であり、猫さん、犬さんの健康を保つために定められた規定ではありません。

人に水分が重要なのと同じように、犬さん、猫さんにも、水分は、とても大切なものです。

ペットフードのパッケージに記されている「総合栄養食」という言葉が、まるで「完全食」と言っているかのような錯覚に捉われている方がいらっしゃったり、「AAFCOが定めた基準を満たしているから」と言いつつも、AAFCOが、どのような団体で、何を根拠に、その基準値を出しているかをご存知ない方も多く、だから、上記のこのような誤解が生じても仕方のないことなのかもしれない、と思います。
ペットフードって何だろう? という基礎の部分がわかると、猫さん、犬さんの「食」の選択肢が広がるかもしれません。

ペットフードのラベルの読み方や、ペットフードが誕生した背景、ペットフードの栄養基準値について等は、ペット食育協会認定「ペット食育講座/2級認定講座」でお伝えしています。
■詳細は https://www.fukunekohonpo.jp/c-item-detail?ic=gohan_2kyu にてご案内しています。

まずは「ペット食育講座/入門講座」を受講いただき、猫さん、犬さんの「食」についての基本を知ってくださいませ。
■詳細は https://www.fukunekohonpo.jp/c-item-detail?ic=gohan_nyumon にてご案内しています。




■福猫本舗
猫さんの食と快適暮らしのアドバイザー
ペット食育協会・ペット食育上級指導士 鈴木美由起



猫さんの手作りごはん
手作りごはんは、難しくありません。
食べる楽しみがある猫さん、犬さんは元気です。


食材を、自分で選んで作れる安心ごはん。
手作りごはんは、危険でもないし、難しくもありません。
栄養バランスは大丈夫?
カロリー計算は難しくない?
そんな疑問を解決していただきながら、手作りごはんのメリットを知っていただけます。
受講していただいた後は、すぐに、手作りごはんを作ってあげたくなる、楽しい講座です。