猫さんの手作りごはんレシピ


作成:ペット食育協会上級指導士・福猫本舗 鈴木美由起


「鰹の納豆のせ」

■材料
鰹(お刺身用)、ほたて貝柱(お刺身用)、ひきわり納豆、山芋、おくら、しらす

■作り方
1.ほたて貝柱とおくらを茹でて、粗熱をとる。
2.ほたて貝柱、おくら、山芋を、食べやすい大きさに切り、 ひきわり納豆と混ぜあわせる。
3.お刺身用の鰹を、食べやすい大きさに切って、器に盛る。
4.鰹の上に「2」の納豆を盛る。
5.ひとつまみのしらすをのせて、出来上がり。
■栄養ポイント
鰹には、体そのものを作るために欠かせないタンパク質がたっぷり含まれています。 また、赤血球の生成を促すビタミンB12、脳神経の働きを助け、さらに血行を良くしてくれるナイアシン、猫さんに必須とされるタウリンも豊富です。。





「グリーンピースのチャーハン」

■材料
鯛、グリーンピース、赤パプリカ、パセリ、桜えび、炊いたごはん、たまご、オリーブオイル

■作り方
1.グリーンピースを茹でる。
2.オリーブオイルで、食べやすい大きさに切った鯛を焼く。
3.「2」に、ごはん、グリーンピース、桜えびを加えて炒め、火が通ったら、器に盛る。
4.溶きたまごに、粗みじん切りにした赤パプリカ、パセリを加えて混ぜあわせ、たまご焼きを作る。
5.「3」のごはんに、たまご焼きをのせる。
■栄養ポイント
グリーンピースに含まれる不溶性食物繊維は、腸内の水分を吸収して腸壁を刺激、便通を促してくれますので、便秘気味の猫さんにおすすめの食材です。





「鱈とかぶの、もち麦リゾット」

■材料
もち麦、鱈、ほたて貝柱、かぶ、しめじ、赤パプリカ、水、オリーブオイル

■作り方
1.かぶの葉、かぶの根、しめじ、パプリカを粗みじん切りに、鱈、ほたて貝柱を食べやすい大きさに切る。
2.オリーブオイルで「1」を炒める。
3.火が通ったら、もち麦を加え、さらに炒める。
4.鱈とほたて貝柱をいれて軽く炒めた後、水を加えて、20分ほど煮込む。
■栄養ポイント
もち麦は水溶性食物繊維であるβ-グルカンが豊富。β-グルカンが腸内細菌のえさとなり、善玉菌が増えるため、腸内環境が整います。





「鱈とほたて貝柱のアクアパッツァ」

■材料
鱈、ほたて貝柱、ミニトマト、マッシュルーム、パセリ、にんにく、オリーブオイル、水

■作り方
1.材料を、それぞれ、食べやすい大きさに切る。
2.オリーブオイルににんにくを入れ、香りが出たら、取り出す。
3.「2」のオイルで、鱈、ほたて貝柱、マッシュルームを焼く。
4.3に水とトマトを加えて煮る。
■栄養ポイント
リコピンたっぷりのトマトは、免疫力アップの他、血管、血液の酸化防止に効果があります。





「ささみあんかけオムレツ」

■材料
たまご、ささみ、チンゲン菜、しいたけ、赤パプリカ、水、水溶き片栗粉

■作り方
1.ちんげん菜、しいたけ、赤パプリカを粗みじん切りにする。
2.ささみを粗めのミンチ状にする。
3.ささみ、チンゲン菜、しいたけ、赤パプリカを煮て、片栗粉でとろみをつける。
4.オムレツを作り「3」を添えて、出来上がり。
■栄養ポイント
たまごは、必須アミノ酸バランスの良い完全栄養食品です。 必須アミノ酸であるメチオニンが、老廃物を排泄してくれ、ビタミンA、B6、Eなどのビタミン群は活性酸素の発生を抑えたり、除去したりする働きがあります。





「鶏肉と茄子のチーズ焼き」

■材料
鶏肉、茄子、ピーマン、にんじん、いんげん、しいたけ、ピザ用チーズ

■作り方
1.材料を、それぞれ食べやすい大きさに切る。
2.鶏肉と炒めて、ある程度、火が通ったら、他の食材を加えて炒める。
3.「2」を器に盛り、チーズをのせて、オーブンで3分程度焼く。
■栄養ポイント
秋に収穫される茄子は、夏のより身がしまり種も少ないため、おいしさが増すと言われています。茄子に含まれるコリンは、ビタミンB群の多い食材とあわせることで、疲労回復効果が高まります。





「鮭の豆乳スープパスタ」

■材料
鮭、大根、ニンジン、かぼちゃ、ブロッコリー、しめじ、パスタ(サラダ用マカロニを使用しました)、小麦粉、オリーブオイル

■作り方
1.パスタを茹でる。
2.鮭を食べやすい大きさに切り、小麦粉をまぶして、焼く。
3.大根、人参、かぼちゃ、ブロッコリー、しめじを食べやすい大きさに切り、オリーブオイルで炒める。
4.「3」に火が通ったら、パスタを加えてひと混ぜし、豆乳を入れる。
5.「2」で焼いた鮭を入れて、ひと煮立ちさせて、出来上がり。
■栄養ポイント
鮭に含まれるアスタキサンチンは抗酸化作用があり、がんを抑制する働きが認められています。 大根に含まれるジアスターゼは、消化・吸収を助けてくれるだけでなく、解毒作用にも力を発揮してくれます。





「鶏肉とごぼうのキッシュ風」

■材料
鶏ひき肉、ごぼう、赤パプリカ、ピーマン、しいたけ、パセリ、たまご、豆乳

■作り方
1.ごぼうを食べやすい大きさに切り、水にさらしてアクを抜く。
2.赤パプリカ、ピーマン、しいたけ、パセリを食べやすい大きさに切る。
3.鶏ひき肉をぽろぽろになるよう炒めた後、ごぼう、赤パプリカ、ピーマン、しいたけ、パセリを加え、軽く炒める。
4.粗熱をとった「3」に、溶きたまごと豆乳を加え、均一になるよう、混ぜる。
5.型に入れ、160度に設定したオーブンで7~8分焼く。
■栄養ポイント
ごぼうは、腸内をきれいにし、大腸がんの予防に効果があるとされている「リグニン」や、血糖値を改善する働き、ビヒィズス菌の成長を促す「イヌリン」が豊富に含まれており、腸の健康のために役立ってくれます。





1>  2>