猫さんを知る
猫さんのおひげは何本あるの?
ある動物学者さんが著書の中で「猫の触毛(ひげ)は全部で70本を越える」という説を披露していました。
それを読んで以来、「そんなにあるんだぁ」と、ついついひげを数える癖がついてしまっています。
もちろん、口の周りのひげだけではなく、ほっぺにあるひげや眉毛、手の内側にある固くて長い毛等、いわゆる触覚として機能する「すべての触毛の数」と学者さん。

猫さんのひげの根元は鋭いレーダーになっているので、口元のひげは、猫さんが狭い場所を通ろうとする際、自分が通り抜けることができる幅なのかどうかを知るために役に立つと言われています。
(現代のぽっちゃり猫さんに通用するのかどうかは少々疑問の残るところではありますが…)
猫さんを知る
目の上の眉毛は草むら等を歩いている時、眉毛に草が触れることで自然にまぶたが閉じるようになっているため、目を保護するという大切な役割を担っています。
猫さんが健全に生活するために、なくてはならないのが触毛。
猫さんのひげを切ってはならないという理由はその辺にあるのでしょう。

そして、よくよく観察してみると、ひげは、その時の猫さんの気分を雄弁に物語っていることがわかります。

「ご機嫌!」「とってもいい気分!」「嬉しい!」という時、猫さんの口元のひげは先っぽまで元気に上を向き、そこに「興味津々」な好奇心が加わると、口元はかわいらしくぷっくりふくれ、ひげはピピンと前を向いているはずです。
猫さんを知る
リラックスした気分の時はひげも下方に下がり、の〜んびり。
何かに警戒心を抱いている時、ひげは左右に広がり、レーダーとしての役割を果たしているでしょう。

無駄のない生き方のお手本のような猫さん。
彼らのひげにも、一本一本、立派な存在理由があるようです。

仕事に向かう私を尻目に、のんびりとお昼寝を楽しむ愛猫たちのひげに今日もまた、目をむけてしまう私。
「いっぽ〜ん、にほ〜ん、さんぼ〜ん…」。
しかし、頑張っても、数えられるのはいつも7〜8本まで。
瞬きをした瞬間に「もう、どのひげを数えたかわからなくなった」を繰り返しています。

■福猫本舗
猫さんの食と快適暮らしのアドバイザー
ペット食育協会・ペット食育上級指導士 鈴木美由起



猫さんの快適な環境、しあわせな暮らしのための講座一覧
猫さんに、
ワンランクアップの暮らし、させてあげませんか?


猫さんに、毎日をしあわせに、快適に過ごしてもらうためにできること、猫さんに、毎日を機嫌よく健康・元気に過ごしてもらうためにできること、 たくさんあります。

猫さんについての情報・知識の有無、猫さんとの関わり方で、猫さんの暮らしの質に差がでることもあります。

猫さんが、心身共に健康であるための講座、開催しています。